転職サイトとエージェントの違いとは

転職サイトとエージェントの違いとは

転職をするときのサービスとして、転職サイトとエージェントサービスがあります。自分で調べるか調べてもらえるかが大きな違いですが、結果としてどんな転職ができるかでも異なる結果が出やすくなることを知っておきましょう。

自分で見つけるか見つけてもらうか

学生時代に就職活動をするとき、文系の場合はほとんどが自分で就職先を探したでしょう。理系の場合は、ゼミなどにより教授が推薦状を出してもらえる場合があるようです。その場合は自分で探さなくても良かったかもしれません。ただ、ぴったりの会社かどうかはわかりません。転職の時には、転職サイトを使うかエージェントを使うかがあります。違いとして、自分で就職先を見つけるか見つけてもらうかがあります。サイトを利用するときは、自分で検索条件を決めて見つけていきます。メールサービスなどは利用することができます。エージェントはぴったりの就職先を提案してくれます。

書類の書き方や面接のアドバイスがあるか

記事のイメージ画像

転職をするとき、必ずしないといけないのが書類の作成と面接です。新卒の時は書類は履歴書だけでしたが、転職となると職務経歴書が必要になります。履歴書よりも重視されるので、書き方によっては書類で落とされることもあります。転職をするときに転職サイトを利用するのとエージェントを利用するときの違いとして、書類の書き方を教えてくれるかどうかがあります。サイトでは、一般的な書き方がみらえるようになっている程度です。それを参考に自分で書きます。一方、書いた書類を添削などしてくれるので、確実に通る状態で応募ができます。その他、面接のときのアドバイス等も異なります。サイトでは、一般的な注意のみで、エージェントはそれぞれの企業ごとの注意などを受けられます。

結果として成功する転職ができるかどうか

転職の成功をいつの段階で判断するかがあります。単に別の会社に変われれば良いのか、条件などが自分にピッタリであればよいのか、そのあと何年も勤務できる会社であればよいのかです。転職サイトと転職エージェントの違いでは、結果としてどんな転職ができるかになります。サイトの利用では、とりあえず転職することはできそうです。ただ、条件が良いかどうか、何年も勤務し続けられるかどうかはわかりません。一方エージェントの場合、長く勤務を続けられる会社に転職しやすいです。それは、条件などをじっくり突き詰めて決められるからです。より良い転職がしやすくなります。

まとめ

転職をするとき、いろいろなサービスを利用することができます。ただ、どのサービスを利用するかによって、結果も大きく変わることがあります。より良い転職をするためのサービスを選ぶことで、いい転職ができるようになります。

比較ページへのリンク画像