転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェントの違い

転職をするといったときには、転職サイトを活用するという方法と、転職エージェントを利用するという方法があります。この二つにはサポートがあるのかないのかに違いがあります。自分にはどちらがあっているのかを判断し、うまく利用するのが大事となります。

転職を成功させるためにすること

転職をするといったときには、まずは働くことができる仕事先を見つけるということが必要となってきます。仕事先を見つけるためには、簡単な方法として人気なのが転職サイトです。転職サイトは、ウェブを使っていつでも好きなときに仕事情報を調べることができます。無料で利用することができるため、誰でも利用が可能というメリットがあります。一方で転職エージェントを利用するという方法もあります。転職エージェントの場合には、直接担当者の方が転職に必要な情報等を調べてくれたり、転職指導等をしてくれ転職に向けての活動をサポートしてくれます。

どちらがいいのかは自分しかわからない

転職サイトを利用するという方法では、誰でも簡単に仕事情報を調べることができるので好きなときに転職活動ができます。時間が空いているときに求人を調べ、興味があれば応募するということができたりなど、自分のペースで転職活動をするということができるため、ゆっくりと時間をかけて転職をしたいときなどには向いている方法です。転職エージェントの場合には、担当の方がサポートをしてくれるため、自分で求人を調べるといったことはほとんどなく、転職サイトよりもサポート力が高いというメリットがあります。どちらにも違いがありますが、どれがあっているのかは、人それぞ違ってくるため、自分にはどちらがあってるのかを判断することで、転職成功に近づくことができます。

メリットだけではなくデメリットも知ること

転職サイトや転職エージェントには、違いが多くありますが、どちらにもデメリットもそんざいしています。転職サイトの場合には、誰でも利用することができるため、人気のある仕事先の場合には、応募が殺到してしまう可能性が高くなるため、仕事によっては倍率が高くなってしまうことがあります。また、転職エージェントの場合には、デメリットとしては、一人一人に担当者がつくため、自分のペースで転職活動ができないというデメリットがあります。また、担当の方が相性が悪ければさらに転職活動が嫌になってしまうこともあるため、選ぶエージェント会社は慎重にしなくてはいけないという問題もあります。

まとめ

転職をするために利用することができるサイトやエージェント会社は自分にあったものを選ぶことが大切です。人によって考え方や、転職のやり方には違いが出てくるため、自分が納得しできる転職活動をするということが大切です。

比較ページへのリンク画像