転職活動期間の目安は約3カ月

転職活動期間の目安は約3カ月

転職について検討し始めたときには、早めに行動を開始して、早めに決断することが一つのコツだと言われています。でも、なぜ転職活動期間の目安を決めるべきか、気になったことはありませんか。なぜ期間を設定した方が良いのか、また目標はどれぐらいに設定するべきなのか、ポイントを押さえて紹介します。

なぜ転職活動期間を区切ることが重要なのか

転職を検討し始めたときには、まず「いつまでに転職するのか」という項目をきちんと考えておく必要があります。転職を検討しているということは、今現在、何かの仕事に就いているはずです。いくら「辞めたい」と考えていても、今はまだその会社で働いている一員です。自分自身の責任を果たすためにも、そして周囲にできるだけ迷惑をかけないためにも、最大限の配慮をするべきだと言えるでしょう。自分自身の転職活動にかかる時間と、周囲に伝え引き継ぎを完了させるまでの期間を考えると、転職活動期間の目安は約3か月ほどだと言われています。「いつから働けますか」と聞かれたら、この目安を基に答えると良いでしょう。

ダラダラと活動を続けないためにも

転職活動期間を区切る意味は、もう一つあります。それは自分自身のモチベーションをアップするということです。今現在仕事をしている人は、特に生活に困っていないことも多いでしょう。転職活動を行うには、かなりのパワーが必要となります。忙しい合間を縫って説明会や面接に参加するためには、自分自身が努力をする必要があります。ここでもし「いつでもいい」と考えていたら、自分に負けてしまうこともあるでしょう。「今は忙しいから、また今度」という考えは、自分で自分のチャンスをつぶすことにもつながってしまいます。「3か月の間に、精いっぱい頑張ってみる」と決断することで、自分を追い込むことができます。

3か月で完了するためには工夫も必要です

転職活動期間の目安は、約3か月と先ほどお伝えしました。しかし選考段階がいくつにも区切られているような場合は、「3か月かかって最終選考まで残ったけれど、最後で落ちてしまった」ということにもなりかねません。こんな事態を避けるためには、事前にきちんとスケジュールを組んで、工夫をしながら転職活動を行うことも大切です。気になる企業は、いくつかまとめて応募してみるのも良いでしょう。その分スケジュールはハードになりますが、その中で見えてくるものもあるはずです。また転職活動を支援してくれる専門サービスを使うのもオススメの方法です。丁寧なアドバイスで活動を支えてくれます。

まとめ

目安となる3か月を過ぎてもまだ転職先が決まらない場合には、一度自分の方向性を見つめなおすのも良いでしょう。その上で、本当に今転職するべきなのかどうか、考えてみてください。活動を続けるのか続けないのか、自分の気持ちを見極めることも大切です。

比較ページへのリンク画像