非公開求人と公開求人の違い

非公開求人と公開求人の違い

転職エージェントのサイトにおいて、最近は非公開求人というものを目にする機会があります。これは、一般的に誰でも閲覧することが出来る公開求人とは違って、転職サイトや企業のHPなどインターネット上には掲載されない、いわゆる非公開の求人のことを指します。二つの違いやそれぞれのメリットを把握して、自分にふさわしい転職先を見つけることが出来れば良いでしょう。

非公開求人にはどんなメリットがあるのか

あえて非公開にしてしまうメリットはというと、企業の名前や募集しようとしている職種、そしてその仕事の内容を一般的に公開しない場合だと、これまで出会わなかったようなラッキーな求人が見つかることもある点です。給料面、待遇面などで、優遇されている求人は、一般公開にしてしまうと募集人数が殺到してしまいます。これまで積み重ねてきたキャリアがある人や得意な事がある人などは、企業の即戦力となってすぐに良いポジションで働くことが出来る可能性があります。我こそはと考える人にとっては絶好の求人と言えるでしょう。また、求人の種類の選択肢も非公開の場合の方が広がりやすいというメリットもあります。

公開求人にするメリットはどんな点か

では反対に一般的な公開求人にはどんなメリットがあるのでしょう。まずは、転職を検討したときに即自分で調べて情報を得られる点です。今、どんな仕事に需要があるのか、給料の相場はどのくらいなのかということをある程度自分で知ることはとても重要です。ステップアップを考える人にとっても、また別の職種へと転職を考える人にとっても、比較する求人が多いほど、自分の理想の条件や仕事内容を探していくことが出来るでしょう。また、転職エージェントに申し込むことで、紹介を受けないと応募することができない非公開のものとは違い、エージェントを通さないで応募することが出来ることも大きなメリットでしょう。

なぜ非公開にする必要があるのか

では、なぜ非公開にしてしまう必要性があるのでしょう。その理由は様々です。新しい事業を開拓しようとしている企業や、特定の部門の強化を検討している場合は、その戦略を公にせずに水面下で進めたいと考えることもあります。求人を載せる時には、明確に仕事内容を載せる必要性があり、隠しておきたい企業の戦略も表に出てしまいます。それを防ぐために非公開にしておくという企業が多いです。その他にも人気のある職種や有名な企業の場合には、公開にしてしまって求人すると応募者が殺到してしまい良い人材を探しきれなくなるケースもあります。非公開にして転職エージェントを利用しておけば、欲しい人材を予め伝えることが出来るので人事担当が人材を選びやすいという点もあるでしょう。

まとめ

公開すること、非公開にすることの違いを知り、自分にはどちらの求人で仕事を探すのが向いているかを見極めることが大切です。公開された求人でなかなか希望に見合った仕事が見つからないという人は自分の可能性を更に広げるために、転職エージェントに登録をして非公開求人を探してみるという事も視野に入れて検討してみると良いでしょう。

比較ページへのリンク画像