転職に強くなれる資格とスキル

転職に強くなれる資格とスキル

転職に強くなれるスキルや資格があります。これを持っていると、いろいろな会社で評価してもらいやすくなります。大企業なら、語学や会計系を持っておくと良いでしょう。人気のIT系ならIT関係の技術を示すものが有利です。

大企業や外資系なら語学系に強いと有利

大企業の場合、日本国内だけでなく海外との取引も多くなります。海外支社などもあり、外国人の社員の雇用も進めているところがあります。外資系企業の場合、大元は海外にありますから、いろいろな決定事項は英語で行われることが多くなります。英語でのコミュニケーションが必須とされています。転職に強くなれるための資格やスキルとしては、英語を中心とした語学系があります。特に英語を必要としない仕事でも、TOEICで一定スコアが無いと採用してもらえなかったり、入社しても昇進に影響が出る場合があります。書類作成なども英語で行うこともあり、準備をしておかないといけません。

ビジネスの基本知識である会計系に強い

民間会社は営利目的で運営されています。つまりは利益を上げるために活動をしています。ですから利益が上がらない活動はしません。社員も、この業務が利益が出ることなのか、出ないことなのかを理解しながら行動する必要があります。転職に強くなれる資格やスキルとしては、会計系のことを理解していることが挙げられます。簿記などは経理部などで必須とされていますが、一定の部門を任されれば誰でも予算管理をしないといけません。その時に会計的な報告ができなければマネジャーとして認められない可能性もあります。利益の計算をするときに必要な項目を把握する能力があると強みになります。

IT関係の技術を売りにしたい場合に持っておきたい

転職先として人気の業種にIT関係があります。人不足の業種とも言われていて、能力がある人はかなり高い評価を受ける場合があります。応募をするときに自分の評価に強くなれる資格やスキルとしては、IT関係の技術を示すものがあるでしょう。今や仕事はパソコンを使わないと行えません。そのため、非常に幅広い資格などが用意されています。誰でも持っているものもあれば、技術者でないと持てないもの、技術者を管理する立場の人が持つものなどがあります。ネットワークやデータベースなどの分野に応じたものを持っていると、持っている人が少なければ有利になる可能性があります。

まとめ

転職をするにあたっては、自分をアピールする必要が出てきます。アピール力が強い資格としては、語学と会計とIT関係の知識があります。会計系はどの企業でもそれなりに評価され、外資系などだと語学は必須になります。

比較ページへのリンク画像