求人を諦める時の断り方と注意点

求人を諦める時の断り方と注意点

採用活動をしていて、応募者を断らないといけない場合が出てきます。電話なり書類、メールなどで行うことになりますが、募集側に非があることを伝えて断るようにします。そして、将来的に応募をお願いするよう伝えましょう。

何もしないとどんどん応募が来る可能性

人気のある会社であったり職種、さらに条件のいい仕事であれば、どんどん応募が来る場合があります。最近はメールやネット上から応募できる場合もありますが、電話で応募されたり、書類を送付されてくることもあります。求人が十分集まって諦める時はそれ以降情報が出ないようにしておく必要があります。そのまま放置していると、どんどん応募が来ることになります。断り方の注意点としては、印象を悪くしないようにする必要があります。既に十分募集があれば、その時はつい軽くあしらってしまうことがあります。すると会社の印象が悪くなる可能性が出てきます。

次回の募集時への応募をお願いする

入退職が多い会社などでは、頻繁に人材の募集を行います。あまり人材が集まらないときは、条件を良くして来てもらおうとすることもあるでしょう。あまり条件が良くなり過ぎると、応募者が殺到します。となると求人をそれ以上続けることができません。諦める時の断り方の注意点として、次回の募集時への応募をお願いするようにしてみましょう。既に日程などが決まっているならその日程を教えても良いでしょう。余裕があるのであれば、次の募集時に連絡をする措置などを取ると印象はよくなります。断るときでも良い印象を与えておけば、会社に対するイメージも良くなります。

職安であったり求人会社に連絡をする

職安や採用情報を提供する会社を利用することがあります。一定期間情報を出すことができ、それに基づいて応募者が応募をしてきます。予定通り集まることもあれば、集まらない場合、どんどん応募者からの応募が来る場合があります。諦める時には情報を出すところにストップを指示しておかないといけません。特に職安の場合には、採用が決まったらすぐに伝える必要があります。断り方の注意点では、応募してきた側が悪いのではないことを伝える必要があります。遅く応募をして来たために受け付けないことになりますが、こちらが長く募集できなかったことを詫びるようにします。

まとめ

求人を出していて目的通りの人数が来れば、それ以上の応募は断らないといけません。印象が悪くならないように断る必要があります。将来的にまた応募してもらえるかもしれませんし、評判に影響することもあるからです。

比較ページへのリンク画像